公的機関で働く内向型HSPの主張

公務員・団体職員として公的機関・非営利団体に勤務したことのある、飲み会が苦手・内向的・繊細・人見知りな人間が、「あるべき理想への追求心」・「他人の痛みや弱さに共感できる気持ち」・「どんな相手にも信頼される誠実さ」・「常識の枠にとらわれない自由な発想」といった内向型HSPの持つ強みを活かして思ったことを主張するブログです。

自分が企画・募集をするとこうなる

こんにちは。

ワタクシは以前このブログで、「内向型・HSP(or飲み会が苦手)な人と、これ以外の共通テーマ(好きなこと・体験したこと・興味のあること)も話したりして楽しみたい」と書きました。

偏見かもしれないですが、「内向的」「繊細」「飲み会が苦手」だけが共通点でそれ以外がバラバラだと、そのテーマだけが強調され「自分と同じように困っている人は他にもいるんだ」と安堵する会になり、そこから前向きな話ができなさそう、と思ったからです。

そこでワタクシは、「内向型・HSP(or飲み会が苦手)」+「公務員(団体職員)or行政などに興味がある人」のテーマで話がしたいと思い、このブログやtwitterで募集をかけてみたのでした。

その結果は・・・

続きを読む

「公的機関で働く内向型HSP」に関する意見・考えを募集

多数派や権力者が自分の利益や価値観を押し付け、少数派や非権力者の考えや価値観を弾圧・排除しているのが社会の現状です。

内向型やHSP(繊細・敏感)な人は、このような社会の中で非常に生きづらさを感じ、「自分」の将来を心配したり、「自分の」適職は何かを見つけようとしているのではないでしょうか。

ですが、内向型やHSP・繊細な人は、

  • 着実にものごとを進める持ち前の慎重さにより、取り返しのつかない失敗を防止できる。
  • 他人の痛みや弱さに共感できる気持ちにより、対立する側にも配慮するため、いざこざにならず納得されやすい提案・提言ができる。
  • あるべき理想を追求し、常識の枠にとらわれず自由に発想することで、しがらみのない本当の改善・問題の解決が実現できる。

ことから、社会が抱える問題の解決策を考え出すことに適しているはずだ!と私は考えています。

内向型HSPである私は、社会が抱える問題の解決策を考える活動をしたり、このような活動をする人達を支援したりしたいなと思っています。

この「社会が抱える問題の解決策を考え出す」職業としてまず思い浮かぶのが、公的機関や政策提言を行う団体の職員(公務員・団体職員)であり、サイト検索でこのブログにたどり着く方にもそのように考えた方が多いのではないかと思われます。

そこで、行政や公共政策、社会問題に関わり・興味のある(を持ちたいと思っている)内向型またはHSPの方から

  1. 内向型やHSPにとって、公的機関や非営利団体で働くことは適しているのか。
  2. 内向型やHSPが社会問題の解決に貢献するための方法とは?
  3. 公務員や団体職員その他社会問題の解決に関わる仕事・活動をする内向型またはHSPをどう支援するか。

など、「公的機関で働く内向型HSP」に関することについて意見や考え、アイデアを募集したいと思います。

続きを読む

内向型やHSPの人と、それ以外のテーマ(話題)で集まろう

趣味や職業などの共通点を持った人同士が親睦を図ろうとすると、外向的で非繊細な人達が中心になって場が設けられ、内向的で繊細な人にとっては居心地が悪くなりがち、という印象があります(少なくとも私が参加した場はそうでした。)。 

一方で、最近は内向型やHSPが少しずつ知られるようになり、特にHSP向けの交流会やお茶会がいろいろと開催されているようです。

しかし、私は以前こんなツイートをしました。

続きを読む

仕事ができる段取り上手な手順は、公務員試験の○○と同じ?

仕事のできる人は段取りが上手な人とされています。これはビジネスパーソンだけでなく公務員などでも同じでしょう。

段取りが上手で仕事ができる人は

  • あらかじめゴールを明確にする
  • 余裕のある期限・期日を設定する
  • 必要な作業をリスト化する
  • ムダ・ムラ・ムリなどを排除する
  • 重要度、緊急度に応じて作業手順を決定する
  • 立てた計画を実行する
  • 計画と実績を比べて評価する(PDCA

というような手順で仕事を進めていると思われます。

かつて自分ができなかった元職の仕事は、余裕のある期限・期日が設定できず、作業のリスト化などが不十分になってしまうなど、段取りが下手だったのだと思います。

一方、仕事ができると評価されていた職場で仕事ができないと評価されていた人は、行き当たりばったりに作業をしていたり、スピードが遅く期日ギリギリで慌てていたりして、やはり段取りが下手なように見えました。

続きを読む

内向型HSPである私のマルチタスク対処法

内向型やHSPの人はマルチタスク(複数のことを同時並行で行うこと)が苦手だといわれています。

私もマルチタスクの業務ができず、これが原因で某非営利団体の職場を退職したという経験があります。

しかし今は、部署の中でかなりマルチタスクができる方だとして評価を受けているようです(他の職員が自分よりできないため相対的に高評価を受けたとも言えますが…)。

でも、自分はマルチタスクを克服したとは思っていません(元職の仕事を今やったとしてもできないままだと思います)。こんな私が現在やっている対処法は以下のとおりです。

続きを読む