公的機関で働く内向型HSPの主張

飲み会・集団行動は苦手だけど、繊細・敏感で他人の痛みや弱さに共感でき、どんな相手にも信頼される誠実さを持つ内向型・HSP・人見知りな人間が、「国や地域の制度・仕組みを決めるのに、様々な国民・住民の意見が反映され、誰もが利益を享受することができる、優しい(争いのない)社会」を実現するため、団体・連合会・官公庁・独立行政法人などでの勤務経験や、「あるべき理想への追求心」・「他人の痛みや弱さに共感できる気持ち」・「常識の枠にとらわれない自由な発想」など内向型の持つ強みを活かして主張します。

コミュニティ

人との出会いを求めても、会うことが憂鬱になってしまう

3か月前の記事ですが、内向的な人によく起こりやすい「約束したときは楽しみにしてたのに、予定の前日になると憂鬱で仕方なくなる」といった症状について、その特徴を4コマでまとめたtwitter投稿が話題になっている、というのを見ました。 nlab.itmedia.co…

内向型が抱える問題の「解決」方法が見えた?

かつてテレビ朝日系列で2回ほど放送された「苦手だっていいじゃない。」という特番を見て、内向型(人見知りを含む?)の方が陥りやすい悲観的な状態の「解決」方法が見えた気がしました。 基本的に我々内向的な人は、飲み会のような人の集まりが大の苦手で…

内向型が陥りやすい負のスパイラル

「デフレスパイラル」は有名ですが、現代社会では様々なものが負のスパイラル(Aが原因でBになってしまい、Bが原因でさらにAになってしまう。)に陥っているのではないかと感じています。 内向的人間が悲観的になり、「社会のレール」から踏み外してしま…

人が苦手という人は、実は人が好き?

以前、とある会合に参加して自分の状況を語ったところ、 「人が苦手だというけれど、本当は人が好きだということを自覚した方がいい」 ということを言われました。 どうも、本当に人が苦手(嫌い)な人は「人が苦手(嫌い)」ということを口にせず、そのこと…

内向型・飲み会が苦手な人が懇親を図るには

内向的であり大人数が苦手な公務員・団体職員にとって、大人数集まる職場から長期間離れることができて嬉しい年末年始の時期であるとともに、出るのも苦痛・断るのも苦痛な忘年会・新年会の時期がやってまいりました。 インターネット上では、忘年会の断り方…

内向的・人見知りな人は「コミュニケーション」が苦手?

内向型や人見知りを自称する人達は、皆さん「コミュニケーション」や会話に対する苦手意識が強く、職場での関係や仕事でうまくいかない原因を「コミュニケーションがうまくできない」ことにあるという自己分析をされているように見受けられます。 私も「コミ…

内向型にとっての「人脈」「仲間」「コミュニティ」

多くの教えや助言は、大半の人が持っている能力を持っていることを前提としていて、その能力が先天的にない(慣れれば身につくものではない)人にとってはいくら参考にしても役に立たないのかもしれません。 これまで、適職・ライフワークなど、自分らしく生…