公的機関で働く内向型HSPの主張

飲み会・集団行動は苦手だけど、繊細・敏感で他人の痛みや弱さに共感でき、どんな相手にも信頼される誠実さを持つ内向型・HSP・人見知りな人間が、「国や地域の制度・仕組みを決めるのに、様々な国民・住民の意見が反映され、誰もが利益を享受することができる、優しい(争いのない)社会」を実現するため、団体・連合会・官公庁・独立行政法人などでの勤務経験や、「あるべき理想への追求心」・「他人の痛みや弱さに共感できる気持ち」・「常識の枠にとらわれない自由な発想」など内向型の持つ強みを活かして主張します。

人との出会いを求めても、会うことが憂鬱になってしまう

3か月前の記事ですが、内向的な人によく起こりやすい「約束したときは楽しみにしてたのに、予定の前日になると憂鬱で仕方なくなる」といった症状について、その特徴を4コマでまとめたtwitter投稿が話題になっている、というのを見ました。

nlab.itmedia.co.jp

元記事では

Twitterではこれに「おれだ」「私だ」と自分の症状と重ねて共感する声が多く寄せられ、10万近くリツイートされる反響に。中には自分が主催となる予定だと特になるといった声や、その約束が気になって他の事が手に付かなかったりするなどの声も寄せられています。

とありますが、私も同じように感じたことが何度もあります。

このような症状になるのは、もともと自分が内向型だからということもありますし、これまで関心があって参加したものの、大人数の飲み会が交流の中心だったり、「他の考えや価値観を弾圧・排除する」傾向が強く私が自分の考えを述べても理解されなかったりと、私には窮屈で居心地が悪い集まりが多かったということもあると思います。

そのため、一時的には人との出会いを求めても、少し経つとそれが怖くなって憂鬱になり、結局意思を引っ込めてしまうということの繰り返しです。

あれ?約束する前に引っ込めるということは、元記事の症状よりもひどいのでは?