公的機関で働く内向型HSPの主張

飲み会が苦手・内向的・繊細・人見知りな元公務員・非営利団体職員が、「あるべき理想への追求心」・「他人の痛みや弱さに共感できる気持ち」・「どんな相手にも信頼される誠実さ」・「常識の枠にとらわれない自由な発想」といった内向型HSPの持つ強みを活かして思ったことを主張するブログです。

HSPの自己テストをやってみた(その2)

私自身がHSPの特徴にどれだけ当てはまるのか、HSPの提唱者であるエイレン・N・アーロン氏の著書の日本語訳文庫本「些細なことにもすぐに動揺してしまうあなたへ。」ソフトバンク文庫)の23~26ページに掲載されている自己テストをやってみます。

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)

 

 ~この記事はその1からの続きです~

ics.hatenablog.com

 

7 豊かな想像力を持ち、空想に耽りやすい ⇒〇

何かやろうとすると、こういう結末になりそうという空想はよくします。空想すると悪い結末になるので、やるのをやめてしまうということがおおいのですが・・・。

8 騒音に悩まされやすい ⇒〇

外で工事をしている音や台所で水を出している音にテレビの音がかき消されることはしょっちゅう。また、電車で眠りたいのに周囲の人がしゃべるとその声が気になって眠れません。

9 美術や音楽に深く心動かされる ⇒△

美術にはあまり心を動かされないのですが、合唱曲などハモリが多い曲には心動かされます。 

10 とても良心的である ⇒〇

相手が嫌がるだろうなと思う頼み事をする仕事は辛くて躊躇してしまいます。また、他の職員がわからなくて困っているのを見て、聞かれてないのに教えたり、代わりに仕事をやったりしてしまいます。 

11 すぐにびっくりする(仰天する) ⇒△

「あー、びっくりした!」と何度も口にした記憶はあります。ただ、横から車が出てきたというシチュエーションが多いと思うので、すぐびっくりするといえるのかは疑問。

12 短時間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう ⇒◎

 これが原因で適応障害になり、仕事を辞めました・・・。

 

~その3に続きます~

ics.hatenablog.com