公的機関で働く内向型HSPの主張

内向的・繊細・人見知り・ほっちで、受動喫煙・飲み会が苦手な人間が、「あるべき理想への追求心」・「他人の痛みや弱さに共感できる気持ち」・「どんな相手にも信頼される誠実さ」・「常識の枠にとらわれない自由な発想」といった内向型HSPの持つ強みを活かして思ったこと、公務員・団体職員として複数の公的機関・非営利団体に勤務した経験で感じたことなどを主張するブログです。

今、公務員を目指している/公務員になって働いている人へ

新年度になり、2020年度採用の公務員試験が始まっているようですね(主なものとしては国家公務員総合職の1次試験が4月28日)。

また、多くの方が新たに公務員(や非営利団体職員)として働き始めました。新体制になり新しい仕事を担当することになった人もたくさんいるでしょう。

さて、ワタクシは10年以上前にこんなことを某ブログに書いていました(現在は非公開)。 これを書いた私は今、あの時の気持ちを持ち続けているのでしょうか?

今、公務員を目指している人へ

あなたが公務員になりたい本当の理由はなんですか?

安定した職業だから、とか、長く働き続けられるから、とかそういう人もいるでしょう。それも十分な理由です。

でも、「この国・地方を俺が変えてやる!」的な気持ちで(ここまで強いきもちまでなくてもいいですが・・・)一生懸命試験勉強をしている(しようとしている)人もかなり多いはず!

そんな、頼もしい未来の公務員に、ぜひこのブログを見て欲しいです。

今、公務員になって働いている人へ

「この国・地方を俺が変えてやる!」的な気持ちで公務員になったあなた。

どうですか? その志望動機を今の職場で実現できそうですか?

上からの主張を押し付けられるだけで(悪く言うと)、自分の主張は上に全然伝えられていないのではないでしょうか?

組織の論理は全てに優先、社会人の常識、のようなものにとらわれすぎて、結局何も変えることができない。

でも、そんなもんかと満足してしまう・・・。

それで良いのですか?

再び、公務員になった当時の気持ちを思い出してください。