公的機関で働く内向型HSPの主張

内向的・繊細・人見知りで、タバコの煙で急激に苦しくなるなど飲み会が苦手な人間が、内向型・HSPの持つ「あるべき理想への追求心」・「他人の痛みや弱さに共感できる気持ち」・「どんな相手にも信頼される誠実さ」・「常識の枠にとらわれない自由な発想」といった内向型HSPの持つ強みを活かして思ったこと、公務員や団体職員として勤務した経験で感じたことを主張するブログです。

HSP(繊細)である公務員・団体職員は前向き?後ろ向き?

2020年4月11日放送の「世界一受けたい授業」をはじめ、最近「HSP」が地上波のテレビ番組でも紹介されるようになったそうで、これにより自身がHSPに該当すると自覚する人はますます増えていくと思われます。

その一方で、前々からHSPを自覚している人がHSPから少し離れようとするのも無理はないと思うくらい、最近HSP当事者の書きこむSNSやチャットの内容がネガティブ過ぎるのを感じているところです。

そんなことから、前々からつながりを持ちたいと思っている「公務員や団体職員を経験したHSP(繊細)の人」は、自己のHSP・繊細さに対して前向き・後ろ向きのどちらの傾向が強いか知りたいと思い、Twitterで聞いてみました(2020年9月6日から7日間)。

今回は10人の方に回答(投票)していただきました。ありがとうございます。最終的には上のとおり、後ろ向き(ネガティブなコメントやツイートをしがち)な人が少し多いという結果となりました。

(経過としては、投票ツイート直後「現職…かつ…前向き」に1票入ったものの、その後「現職…かつ…後ろ向き」に3票入り、その後しばらくこの状態が続き、締切直前ぐらいにそれ以外の票が入ったと記憶しています。)

元職も含め、HSP・繊細な自分に前向きな公務員・団体職員経験者が複数人いて嬉しいです。HSP・繊細さを公的機関や非営利団体での業務や社会貢献(改善)に向けてどう生かすかを一緒に検討・議論したいものです。

一方、HSPや繊細な自分に対してネガティブなコメントをしがちだとしても悪いことではないし、内に秘めて我慢するより吐き出した方が絶対いいです。しかし、度が過ぎていたり延々と続いたりすると、それを見る(聞く)側が辛くなってしまいます。そこまで行かないよう、一緒に前向きを目指しませんか? 

HSP(繊細)の人をいくつかの段階に分けて考えたい

最近ふとLINEオープンチャットのトークルームをいろいろ検索したのですが、「HSP」だけで100以上のトークルームがヒットしました。

以前HSPのオープンチャットに入ったものの、自己否定感の強いトーク内容とそれに共感する返信が続くように見え、その負のオーラに耐えきれず短期間で退会してしまったことがあります。

でも、自分でポジティブなHSPコミュニティを作ろうとしてもすぐに断念するのを何度も続けてきた

ため、この中からポジティブそうなトークルームを探してチラッと覗いてみたものの、やはりトーク内容が重々しい…。

ここ数年、HSPの人がHSPの人に向けて発信するサイト・ブログ・ツイート・書籍が多数出てきて、繊細な自分の特性をポジティブに活かそうと考える人が増えたかと思ったのですが、自身のいる環境が変わらないので、そこに合わせられない自分をネガティブに捉えてしまう人(「ネガティブHSP」)の方がやはり多いのでしょうか?

私は、非繊細で外向的な人が主導する場では我慢や疲弊が多く、繊細な人同士で娯楽や理想の追求をしたいと思ってコミュニティを探している(「ポジティブHSP」)ので、多数(?)のHSPさんとは目的がズレているのだと感じます。

「ネガティブHSP」「ポジティブHSP」という言葉が適切かどうかはわかりませんが、同じHSP(繊細)の人でも2つ以上の段階に分けて考えたいと思う今日この頃なのでした。

ただ、「ネガティブHSP」をポジティブにさせる役割を担いたいと思う「ポジティブHSP」やそのコミュニティも、私が知らないだけで絶対あるはずだと期待してます。

(追伸)「ポジティブHSP」「ネガティブHSP」と区分けして偉そうなことを書いている私ですが、今もネガティブになることは多々あり、自分自身が「ポジティブHSP」なのかは定かではありません。ただし、ポジティブに行こうと思っていることは確かです。

飲み会が苦手で内向的・繊細な公務員は○○を武器にしよう

2020年現在はCOVID-19(いわゆる新型コロナウイルス)の影響により、職場での公式な飲み会(歓送迎会・慰労会・忘年会・新年会など)を開くことが(少なくとも公的機関では)ないと思うので、飲み会での交流がうまくできない我々にとっては不幸中の幸いといえるでしょう。

それでも、勤務時間外での交流や喫煙所での雑談など、飲みニケーションに近いやり方でで職場内の良好な人間関係が築かれているような気がします。

これらのやり方は内向型・繊細な人には難しく、我慢して同じやり方で関係を築こうと思っても無理だと思います(少なくとも私にはできません)。

しかし、行政手続や制度を扱う仕事をする職員には、そういうやり方が苦手でも職場で活躍できる武器があります。

続きを読む

「内向型」や「HSP」に代わるポジティブな言葉を探してます

現在、このブログではタイトルに「内向型」と「HSP」という言葉を使っています。

これらは近年インターネットやメディアでも取り扱われるようになってきてはいるものの、日本人の多くに浸透している言葉ではありません。

自分を「内向型」とか「HSP」とかいう人は、どこかで人生に行き詰まりを感じ、“マイナス”の状態を解決・克服したいと思ったとき、これらの言葉にたどり着いたのではないでしょうか。

私が「内向型」を知ったのは、役所の窓口業務がものすごく辛くて適職などに関する本をたくさん読んでいたときでした。また、「HSP」を知ったのは、非営利団体での仕事が何もかもうまくいかず適応障害になったときでした。

しかし、「内向型」「HSP」という特性に当てはまる人の中には、人生に行き詰まりを感じたことがない(あっても軽い程度で悩むほどではない)人もいることでしょう。

そういう人にも見つけてもらえるように、「内向型」や「HSP」と同じような意味で普段よく用いられるポジティブな言葉を探しています(普段よく使われていない言葉だと検索できないから)。

(「温厚」「穏やか」「人見知り」「真面目」「誠実」… どれもどこかズレている気がしてます…)

続)飲み会が苦手・内向型・HSPどうしで、好き・興味・関心を語りたい!

たびたび湧き出てくる、好きなこと・興味関心を語りたいという欲求。

 と、このブログで散々書いてきました。

その後最初に形を作って、募集をかけ、0~1人の応募で、心が折れて取り止める、ということを何回か繰り返してきました。

対象者もテーマも狭く、募集した期間も短く、具体的に何するのか明らかでないのですから、まぁ集まりませんわな。

で、今回は形は作らず、ツイッターで以下のように呼び掛けています。

続きを読む