公的機関で働く内向型HSPの主張

内向的・繊細・人見知りで、タバコの煙で急激に苦しくなるなど飲み会が苦手な人間が、内向型・HSPの持つ「あるべき理想への追求心」・「他人の痛みや弱さに共感できる気持ち」・「どんな相手にも信頼される誠実さ」・「常識の枠にとらわれない自由な発想」といった内向型HSPの持つ強みを活かして思ったこと、公務員や団体職員として勤務した経験で感じたことを主張するブログです。

自分が企画・募集をするとこうなる

こんにちは。

ワタクシは以前このブログで、「内向型・HSP(or飲み会が苦手)な人と、これ以外の共通テーマ(好きなこと・体験したこと・興味のあること)も話したりして楽しみたい」と書きました。

偏見かもしれないですが、「内向的」「繊細」「飲み会が苦手」だけが共通点でそれ以外がバラバラだと、そのテーマだけが強調され「自分と同じように困っている人は他にもいるんだ」と安堵する会になり、そこから前向きな話ができなさそう、と思ったからです。

そこでワタクシは、「内向型・HSP(or飲み会が苦手)」+「公務員(団体職員)or行政などに興味がある人」のテーマで話がしたいと思い、このブログやtwitterで募集をかけてみたのでした。

その結果は・・・

 

応募者が集まるまでにこちらの心が折れてしまいました。

 

自分が応募(ほんの数回しかないですが…)するときは、いろいろとシミュレーションをした上で面白そうだと思ってからなので、応募のツイートやブログを見つけてから応募をするまで1~2週間はかけてました。

しかし、いざ自分が募集をかけようとすると全然待てないのです。というのも、

というツイートのとおり、相手からの返事や申込を待っているときから怖がってしまうので、アイデアが浮かんでいるときはすごくワクワクしてたのに、募集のブログを投稿した瞬間からその募集を撤回したくなるから。

募集したその日に応募してくれた人がいるのに、大変申し訳なく思ってます。

そういえば、この前占いを受ける機会があったのですが、そこで「あなたは独創的なアイデアを持っている」が「企画は向いていない」みたいなことを言われました。当たってる!

でも、自分の中にあるビジョンを何らかの形で実現させたいという意欲は持っているので、ワタクシがやりたかったアイデアをブログなどで出していこうかなと思ってます。

それを企画実行力のある「内向型・HSP(or飲み会が苦手)」な方に実行してもらえたらとてもうれしいです!